食の安全神話が崩れようとしている昨今、「安全・安心」であることは、「おいしさ」と同様に食べ物を選ぶときの大切な基準です。当社では、安全・安心なお肉を提供するために、搬入から出庫にいたるすべてのプロセスで、全社員が徹底した品質の確保・向上に取り組んでいます。

当社は、食品安全マネジメントシステムの国際標準規格である「ISO22000」を認証取得しています。敷地内にある食肉処理施設では、生体搬入、と畜解体から部分肉加工、製造出荷までの全ての工程を、HACCPシステムを運用し、高い衛生レベルの作業を行い製品の安全性を保っています。また、輸出対応型の最新鋭の施設でも、同様にHACCPシステムを運用し処理を行っています。
さらに、品質管理室では、安全・安心・新鮮なお肉を食卓にお届けできるよう、製品等の細菌検査、官能検査、作業環境及び衛生状況のチェック、場内巡回指導、衛生教育、食品安全委員会の運営等を行い、ISO22000の効果的な運用を常に意識し製品の管理を行っています。

★ISO22000とは、ISO9001のマネジメントシステムの規格基準にHACCPシステムを組み合わせた食品安全の国際基準です。

お客様と畜産農家をつなぎます。
畜産農家の皆様が大切に育てた牛豚をお預かりし、よりよい品質の商品にすること。そして、商品となった安全・安心なお肉を取引先や消費者の皆様にしっかりとお届けすること。私たちは、畜産農家とお客様をつなぐことが何よりの喜びです。